エリア

ジェネリックという医薬品とは新薬の特許が失効した後に購入できる、新薬と同一の成分で自己負担分が小さい(薬の代金の高価ではない)後発医薬品のことで、近年浸透しつつあります。 アミノ酸のグルタチオン(Glutathione-SH、GSH)は、細胞の機能を落としたり変異を誘引するような悪影響を及ぼす物質を身体の中で解毒し、肝臓の動作をより良くする動きが判明しているのです。 針を痛みの発生源に刺す、という物的な程よい複数の刺激が、神経細胞を活性化して、神経インパルスと言われるいわば電気信号の化学伝達を引き起こすと言われています。 一般的には骨折に至らない程度のごく僅かな圧力でも、骨の限定されたエリアだけに幾度も継続的にかかることにより、骨折してしまうこともあるようです。

違う

グラスファイバーで製造されたギプスは、非常に強くて軽量で長期間の使用に耐えることができ、シャワーなどで濡れても壊れずに使用できるというメリットがあり、今のギプスの定番と言っても過言ではありません。 結核菌(Mycobacterium tuberculosis)は、菌を保有している人が「せき」をすることによって空間に飛び散り、空中にふわふわ飛んでいるのを違う人が空気と一緒に吸い込むことでどんどん感染していきます。

パワー全開

肝臓をきれいに保つには、肝臓の解毒する力が衰えないようにする、要は、肝臓のアンチエイジング術をできるだけ早く実行することが有効だと考えられます。 ハーバード大学医学部(HMS)の研究結果によると、普通のコーヒーと比較して1日あたり2杯よりも多くノンカフェインコーヒーに変えることで、驚くことに直腸がんの発症リスクを5割以上も減らせたということが明らかになっている。

横向き

胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科的な施術では大体「大動脈内バルーンパンピング法(IABP法)」もしくは「冠動脈(かんどうみゃく)バイパス移植術」の二つの異なる術式が標準的におこなわれています。

病気

悪性の卵巣腫瘍である女性の卵巣がんは、普通なら人をがんから保護する役割を果たす物質を生成するための型みたいな遺伝子の不具合により発生してしまう病気だというのは周知の事実です。 フィトケミカル(phytochemical)の仲間であるスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる有機硫黄化合物が、肝臓から分泌されている解毒酵素そのものの製造活動を促進しているかもしれないという新たな事実がわかってきたのです。

血液

アミノ酸の一種であるグルタチオン(Glutathione-SH)は、細胞の機能を衰退させたり突然変異を誘引する人体に有害な物質を身体の内側で解毒し、肝臓の機能性をより強める性質が認められているのです。 「あまりにも多忙だ」「面倒な付き合いが嫌でたまらない」「テクノロジーやインフォメーションのめざましい高度化に追いつくのが大変」など、ストレスが溜まる場面は十人十色です。