平熱

グラスファイバー製ギプスは、衝撃に強くて軽量で着け心地が良い上にとても持ちが良く、シャワーなどで濡れても使い続けられるという利点があり、現在の日本のギプスの中でも主流でしょう。
スギの花粉が飛ぶ期間に、まだ小さな子どもが体温は平熱なのにくしゃみを連発したり鼻水が止まない症状に当てはまったら、その子は杉花粉症の可能性が高いといえるでしょう。
塩分と脂肪の大量摂取をやめて簡単な運動を心がけるだけでなく、ストレスの多すぎない毎日を意識することが狭心症の元凶となる動脈硬化を事前に予防するポイントだといえます。
日本における結核への対策は、昭和26年に制定された「結核予防法」に従って行われてきましたが、56年後の2007年から他の数ある感染症と供に「感染症法」という名前の法律に基づいて実行されることに決まったのです。
学校・幼稚園などの集団行動をする中で、花粉症のせいでクラスのみんなと同じようにしてエネルギッシュに走り回ることができないのは、当事者にとっても辛いことです。
明るくない所だと光量が足りなくて見えにくくなりますが、さらに瞳孔が開いてしまうため、レンズのピントを合わせるのに余計なエネルギーが消費され、結果的に日の差す場所で物を見るより疲労が大きくなるのです。
陰金田虫は20〜30代の男の人症例が多く、大体股間部にだけ広がり、全身運動をしたり、入浴後など体が温まった時に猛烈な痒みに襲われます。
年々患者数が増加しているうつ病では脳内の神経伝達物質の「セロトニン」が足りず、憂うつ感、不眠、強い倦怠感、食欲の低下、体重の減少、強い焦燥感、意欲の低下、「消えてなくなりたい」という希死念慮、自殺企図などの辛い症状が見られるのです。
緊張性頭痛は肩こりや首凝りから生じる日本人に多い頭痛で、「ギュッと締め付けられるような激しい痛み」「重くてたまらない鈍い痛さ」と表現されています。
暴飲暴食、体重過量、喫煙、運動不足、不規則な生活、仕事などのストレス、高齢化など様々な素因によって、インスリン分泌が少なくなったり、働きが衰えたりして2型糖尿病(ICD-10:E11)を発症するのです。
ヘルニアとは正式には椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)と呼び、背骨の間に存在する緩衝材に近い役割をする椎間板(ツイカンバン)という名称の円形の線維軟骨が突出した症例を称しているのです。
70才以上の高齢者や慢性的に病気を持っている人は、際立って肺炎に罹患しやすく治りにくいという傾向が見られるため、予防策の徹底や迅速な処置が大切なのです。
自動体外式除細動器(AED)は医療資格を保有していない一般の人でも扱うことのできる医療機器で、機器から流れる音声ガイダンスの手順通りに動くことで、心臓が細かく震える心室細動の治療の効果を発揮してくれます。
生活習慣が原因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓(すいぞう)にある血糖値に関与しているβ細胞が壊れてしまったために、結果的に膵臓からはほとんどインスリンが分泌されなくなることで発症に至る種類の糖尿病です。
ジェネリック医薬品(generic drug)は新薬の特許が失効した後に購入できて、まったく同じ成分で経済的な負荷を低くできる(薬の価格の安価な)後発医薬品のことを意味しています。